引越し 大阪 神戸 業者独自のサービス

MENU

引越し業者それぞれの独自サービス

消費者のニーズが多様化するにつれ引越し業界も各社で独自のサービスを展開するところが増えてきました。引越し費用の安さの魅力に惹かれて引越しをしたものの引越し業者の対応や内容に不愉快になり悪いイメージで引越しを終えるよりも、多少引越し費用がかかっても気持ちよく楽に終えることができる引越しを消費者が望むようになってきたのです。

 

これは良いサービスには気持ちよくお金をかけることができるという消費者心理が働いているわけですから引越し業者にとっても付帯サービスを充実させることは利益もつながりうる話となる可能性があり、双方にとってよい傾向ではないでしょうか。増え続ける独自のサービスには段ボールなどの梱包材の配布や使用後の回収サービス、引越しゴミの回収サービス、不用品の引き取りサービス、荷造りから荷を解いて収納をしてくれるサービス、高齢者向けのサービスや女性のための女性スタッフ同行サービスなど、数えだすとキリが無いくらいその範囲は広がってきています。これらのサービス関連は従来ではなかったものばかりです。

 

ただ荷物を運ぶだけの引越しから荷物を運びながらも引越し前後の至れり尽くせりのサービス展開をすることが引越し業者の主流となってきているのです。今では引越し後のさまざまな届け出の代行までしてくれる業者も出てきているようですから、これまで引越しの際に不便に思っていた事柄はどんどんサービス化していくかもしれません。

 

 

引越し業界は単なる運送業からサービス業も加えた業界へと変貌しつつあるようです。

 

日本通運の引越し

そう、何の気なしに「引っ越そうか」と妻に言ってしまったのです。そうしたらその気になられてしまって今月中に引っ越すことになりましたw。雉も鳴かずば撃たれまいということわざ通りですね。口は災いの元の方がシックリとくるのかな?。とにかく結婚してから永年ここに住んでいたので不用意な一言ではありましたね。

 

とはいえ、もう決めたのだから仕方がないのです。こうなれば完璧に引っ越すまでですね。

 

ところで日本通運の引越しは、引っ越しは日通でおなじみの引越し業者で、大型荷物や貴重な絵画、楽器、金庫などの移送も得意としています。とにかくオプションが充実していて、時間がない人にピッタリのサービスがたくさんあります。引越しプランには、家族の引越しと単身パックがあり、家族の引越しでは、ダンボールを使わず、日通オリジナルの引越し資材である、えころじこんぽを使用するのが大きな特徴です。

 

従来のダンボールを使っての引越しが大幅に短縮されるメリットがあります。ダンボールを使わずに引越ができるので、無駄なゴミがでずに済みます。単身パックは、専用のボックスを使用しての引越しで、Sサイズ、Lサイズの2種類から選べるようになっています。また、単身パックで荷物が多い人用に、単身パックXがあります。移動距離が短くて荷物の少ない人用のワンルームパックもあり、料金面でとてもお得になっています。ワンルームパックなら、繁忙期であっても安く引越しができます。日本通運の引越しでは、見積もりして成約した人に、抽選でディズニーペアチケットをプレゼントするキャンペーンも実施しています。